車買取 委任状

ディーラー下取り価格より断然お得!

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
これがディーラーの下取り価格より高く売れた方法です!
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

車買取では委任状を出すと手続を買取業者が代行

いらなくなった車を売る場合、委任状という書類が必要なことが多々あります。
車買取業者に提出を求められますので、案内にしたがって用意しましょう。

なぜ、委任状が必要になってくるかと言えば、本人以外の人物が手続きを行うためです。
業者が代理で行ってくれる手続きの際に、この書類がなければ何もできなくなってしまいます。

車買取を依頼すると、売却した車は自分の所有物ではなくなります。
車にはそれぞれ名義がありますので、名義変更が必須です。

本来、旧所有者から新所有者に名義変更するには、それぞれが陸運支局に赴いて、名義変更の手続きをしなければなりません。
しかし、車を所有する一般の人が陸運支局で手続きをした経験など、ほぼ持っていません。
その理由は、業者が代理で手続きを行ってくれるからです。

この代理の手続きで必要になってくるのが、委任状です。
業者に対して自分が本来行うはずの手続きを任せると同意する書類です。

売る側ではなく、買う側も業者に委任することができます。
とても面倒な手続きを省けるのが、この書類が持つ優れた部分です。

当然ながら、委任に同意できなければ、自分自身で手続きをしなければなりません。
面倒な手続きを考えるなら、業者に任せるのが賢い判断だといえます。

書類は業者側が渡してくれますが、必要事項に正しい情報を記入してください。
嘘の記入や間違った記入をするとトラブルになります。
自分の氏名や住所、車の登録番号などを記入します。

ところが、多くの業者で、実印のみを押して提出するようにと促されます。
何も記入せずに実印だけを押す方法だと、何か悪いことに使われそうだと心配になるところですが、実はこのやり方のほうが正しい書類を作成しやすいメリットがあります。

業者が実印だけを求めるのは、行政書士に書類作成を任せる準備があるからです。
行政書士は国家資格を持った公的書類の作成に関するプロです。
素人に書かせて間違った書類を作成するよりも、行政書士に依頼したほうがトラブル発生を防ぎやすくなります。
間違った書類を作成すれば、訂正に時間がかかってしまうのも理由の一つとしてあります。

書類に捨印を押す欄がありますが、捨印を押しておけば委任した相手も訂正することができます。
ただし、捨印は強制ではないため、正確な書類を作成できる自信がある業者は捨印を求めない場合があります。

押されている実印が本物であることを証明するために、委任状にあわせて印鑑証明書を提出するのが基本です。

より一層の高額査定を引き寄せる方法

車の買取で高額査定を得る方法は複数の一括見積もりサービスに申し込むことです。
複数だとより競争原理が働きもっと大きな査定額を得ることができます。

■かんたん車査定ガイド

入力45秒!概算価格がすぐわかる!

・東証一部上場エイチーム運営の一括見積もりサービス
・一流の車買取業者からコダワリ派の専門業者まで安心査定

かんたん車査定ガイド


■ズバット車買取比較

最短1分で入力!愛車の最高価格が分かる!

・累計100万人以上の利用実績!
・ディーラーより査定額が平均16万円以上アップも!

ズバット車買取比較


■カーセンサー.net簡単ネット査定

自宅にいながら愛車の相場がすぐわかる!

・カーセンサーにしか掲載していない買取店もある
・複数買取業者へ一括査定、最高査定額もバッチリ!

カーセンサー.net簡単ネット査定


より一層の査定額アップを目指す方は、
「かんたん車査定ガイド」「ズバット車買取比較」「カーセンサー」
このうち2つに登録しておくと間違いないですね。
競争原理がより働きますから、一層の査定額アップが期待できます。

諦めるのまだ早い!どんな事故車でも売れます

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
不動車・事故車・買取0円と言われた車でもOK
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

 

サイトマップ

ビロゴン