車買取 所有者の死亡

ディーラー下取り価格より断然お得!

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
これがディーラーの下取り価格より高く売れた方法です!
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

所有者が死亡していても車を買取ってくれます

車を所有していた両親や兄弟などが死亡した場合、その車は相続車両になります。
相続する権利のある配偶者や子供などが遺産相続することで、所有者を変更することができます。

このような相続車両を車買取の業者に売ることは簡単です。
弁護士などの専門家に頼らなくてもできますから、安心しましょう。

相続車両は所有者が生存している一般の車両とは違いますので、用意する書類が増えることを覚悟しましょう。
ただし、特殊な書類は軽自動車が売却の対象だと必要ありません。
普通車など、それ以外の車両を売却する際に書類を用意してください。

必要な書類は3点です。
所有者が死亡していることを証明する書類と、相続する人物がわかる書類、相続人の実印と署名がある書類です。

死亡が明確にわかる書類は戸籍謄本が該当します。
これは市区町村役場で取得することができます。
取得方法はとても簡単ですから、迷うことはないでしょう。
わからないことがあれば積極的に市区町村役場の職員に尋ねることで、教えてくれます。

相続する人物がわかる書類ですが、これも戸籍謄本を用意するだけです。
相続人は家族が該当します。

しかし、ある程度古い戸籍謄本には、長女が結婚して家を出ていくと記載されないケースが多々あります。
結婚して家を出ていっても相続人に該当しますから、普通の戸籍謄本ではなく、改正原戸籍の書類を受け取ってください。
この改正原戸籍には結婚した長女の記載もきちんとありますので、安心です。
他のケースで戸籍謄本から除籍されている家族がいる場合にも、改正原戸籍を市区町村役場で発行してもらいましょう。

相続人の実印と署名がある書類というのは、遺産分割協議書のことです。
これは相続する権利がある人達で話し合い、誰が車を遺産相続するかはっきりさせた書類です。
車を相続できる人物は1名のみです。
車の名義は1名に決まっているからです。

遺産分割協議書は形式に則っていれば決まった書類はありませんが、インターネットで遺産分割協議書について探せば、ダウンロードできるようになっていますので、それを利用するのが良いでしょう。
相続人の署名と実印を全て記載します。

実は車買取業者の多くで、これらの書類を用意したり、代行するサービスを提供していますから、あまり心配はいりません。
所有者が死亡している車を売りたい事実を業者に伝えるだけで、対応してもらえます。
死亡していても普通に売れますから、できるだけ高く買取ってくれる業者探しに専念しましょう。

より一層の高額査定を引き寄せる方法

車の買取で高額査定を得る方法は複数の一括見積もりサービスに申し込むことです。
複数だとより競争原理が働きもっと大きな査定額を得ることができます。

■かんたん車査定ガイド

入力45秒!概算価格がすぐわかる!

・東証一部上場エイチーム運営の一括見積もりサービス
・一流の車買取業者からコダワリ派の専門業者まで安心査定

かんたん車査定ガイド


■ズバット車買取比較

最短1分で入力!愛車の最高価格が分かる!

・累計100万人以上の利用実績!
・ディーラーより査定額が平均16万円以上アップも!

ズバット車買取比較


■カーセンサー.net簡単ネット査定

自宅にいながら愛車の相場がすぐわかる!

・カーセンサーにしか掲載していない買取店もある
・複数買取業者へ一括査定、最高査定額もバッチリ!

カーセンサー.net簡単ネット査定


より一層の査定額アップを目指す方は、
「かんたん車査定ガイド」「ズバット車買取比較」「カーセンサー」
このうち2つに登録しておくと間違いないですね。
競争原理がより働きますから、一層の査定額アップが期待できます。

諦めるのまだ早い!どんな事故車でも売れます

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
不動車・事故車・買取0円と言われた車でもOK
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

 

サイトマップ

ビロゴン