任意保険 車買取

ディーラー下取り価格より断然お得!

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
これがディーラーの下取り価格より高く売れた方法です!
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

自動車を売却後、しばらく自動車を所有しない場合は任意保険の中断証明を!

自動車を手放す際は、自動車ディーラーに下取りに出すか、もしくは自動車買取業者に自動車を売却することとなります。その際は、自動車保険を切替え、もしくは中断か解約をしなければいけません。

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は強制的に加入する自動車保険ですから、自動車を手放したと同時に解約となります。
一方で、任意保険はあくまで加入が任意ですので、加入してもしなくても良い自動車保険です。
加入が任意とはいえ、万が一の時のことを考慮して、加入している人が殆どです。

自動車買取の際は、その任意保険をどのようにするのか決めなくてはなりません。
自動車を売却した後に、すぐに他の自動車に乗り替える場合は、その保険を継続し、保険の等級を継承することとなります。

しかし、自動車を売却してからしばらく自動車を所有しない場合は、保険が宙に浮いた状態となってしまいます。
そのような時は、保険を中断するのです。

保険会社に自動車を売却して手放す旨を伝えますと、保険の中断証明が発行されます。
中断証明が発行されますと、保険の等級は温存され、次に自動車を購入して保険を付けた際に、その等級が引き継がれるのです。

中断証明を発行しなければ、保険は解約となります。
一度保険を解約しますと、等級が初期値に戻ってしまいますので、高い等級を所持している人にとっては大きな損となるわけです。

ですから、自動車買取をしてもらって、しばらく自動車を所有しない場合は、必ず保険会社から中断証明を発行してもらうことが大切なのです。

そして、任意保険の等級を維持した状態で自動車を買い取ってもらい、次に自動車を購入する場合に備えます。
中断証明を発行してもらうこと自体は無料ですし、中断している間は保険料を支払う必要もありませんので、中断証明を発行してもらって等級を維持するのが良いでしょう。

自動車買取をしてもらう時に、保険が満期を迎えていない場合は、満期までの期間から算出した保険料が返却されます。
ですから、自動車を売却した際は必ず保険会社に連絡し、保険料が返ってくるかどうかを確認しておく必要があります。

満期日近くに自動車を売却しますと保険料は返却されません。
あくまで満期を迎える前の期間で自動車を売却した場合にのみ、保険料が返却されます。

このように、自動車買取と任意保険の関係は成り立っていますので、自動車を売却する際の保険の取り扱いは、するべきことを押さえて手続きをしなければなりません。

より一層の高額査定を引き寄せる方法

車の買取で高額査定を得る方法は複数の一括見積もりサービスに申し込むことです。
複数だとより競争原理が働きもっと大きな査定額を得ることができます。

■かんたん車査定ガイド

入力45秒!概算価格がすぐわかる!

・東証一部上場エイチーム運営の一括見積もりサービス
・一流の車買取業者からコダワリ派の専門業者まで安心査定

かんたん車査定ガイド


■ズバット車買取比較

最短1分で入力!愛車の最高価格が分かる!

・累計100万人以上の利用実績!
・ディーラーより査定額が平均16万円以上アップも!

ズバット車買取比較


■カーセンサー.net簡単ネット査定

自宅にいながら愛車の相場がすぐわかる!

・カーセンサーにしか掲載していない買取店もある
・複数買取業者へ一括査定、最高査定額もバッチリ!

カーセンサー.net簡単ネット査定


より一層の査定額アップを目指す方は、
「かんたん車査定ガイド」「ズバット車買取比較」「カーセンサー」
このうち2つに登録しておくと間違いないですね。
競争原理がより働きますから、一層の査定額アップが期待できます。

諦めるのまだ早い!どんな事故車でも売れます

入力45秒!愛車の最高額がすぐわかる!
不動車・事故車・買取0円と言われた車でもOK
思い立った時が売り時です。

無料で最大10社から簡単スピード査定

 

サイトマップ

ビロゴン